TOP > 取扱いブランドについてクレムインターナショナルについて

 

 

 

abour_crem_top.jpg

 

 

 

1983年 スウェーデン ストックホルムで誕生した、コーヒーブリューワーメーカー コーヒークイーン社。その先進的な機能とデザイン性でまたたくまにその存在感を高めました。一方、スペインのホテル・レストラン向けとしてのエスプレッソマシン エクスポバールの開発、販売から始まり、その後、急速にヨーロッパ全土へ市場を拡大し本格的エスプレッソマシンメーカーとしての地位を確立、1985年に設立されたクレム社。ドリップコーヒーとエスプレッソコーヒーというそれぞれの違うカテゴリーで時を同じくしてヨーロッパという地に新しい風を吹き込んだ両社が、2008年クレムインターナショナルという共同体となりました。 worldcup_crem.jpg その後、更なる革新的で質の高い商品開発を各分野で行い、多くの商品を市場へ投入してきました。なかでもコーヒークイーンは、これまでエスプレッソ式が主流となっていた挽きたて淹れたて全自動コーヒーマシンの市場を本格ドリップコーヒーで再現できる全自動ドリップコーヒーマシン C-Qubeを開発。発売後は世界のコーヒーマシン市場の流れを大きく変え、この流れは日本のコーヒー市場にも大きな影響を与えることとなりました。これからもクレムインターナショナルは風潮にとらわれない新たな発想で開発されたオリジナリティに満ちた製品やホットな情報を、日本を含む全世界へ発信してまいります。

 

 

 

crem_link.jpg